日本ろうあ者卓球協会のタイトル

全国ろうあ者卓球リーグ戦

平成25年度から当協会公式大会として全国ろうあ者卓球リーグ戦を開始しました。
最終的には全国ろうあ者体育大会に並ぶ公式大会になるように力を入れて参ります。
より多くの方のご参加をお待ちしております。

最新情報

全国ろうあ者卓球リーグ戦(後期)の結果を掲載しました。(2014/12/26)


平成26年度 全国ろうあ者卓球リーグ戦 試合結果

回数 日程 場所 結果
第5回 2014年05月17日(土)
午前
東砂スポーツセンター
(東京都江東区)
結果(1部〜5部)
第6回 2014年05月17日(土)
午後
東砂スポーツセンター
(東京都江東区)
結果(1部〜5部)
第7回 2014年11月1日(土)
午前
所沢市民体育館
(埼玉県所沢市)
結果(1部〜3部)
第8回 2014年11月1日(土)
午後
所沢市民体育館
(埼玉県所沢市)
結果(1部〜3部)




平成26年度全国ろうあ者卓球リーグ戦(後期)

第7、8回全国ろうあ者卓球リーグ戦

後期リーグ戦では、来年1月のランキング大会出場権をめぐって、多くの白熱した好試合が展開されました。

【ランキング大会出場権について(今年は男女各1名のみ)】
出場権を持っていないものの内、1部A、Bそれぞれの最上位者同士で決定戦を行う

○結果
男子: 1部A 2位 古寺 信幸(東京都) 1-3 1部B 2位 大井川 勇人(富山県)
※決定戦に勝った大井川が出場権獲得

女子: 1部A 6位 蜷川 恵吏子(富山県) 3-1 2部B 5位 傳田 奈央(長野県)
※決定戦に勝った蜷川が出場権獲得


平成26年度全国ろうあ者卓球リーグ戦(前期)

第5、6回全国ろうあ者卓球リーグ戦

 前期リーグ戦では、昨年に引き続き、下記の2名の大物選手にゲストとして参加していただきました。ゲストには試合だけでなく、空き時間には希望者との練習にも快く付き合っていただきました。またリーグ戦後には、ソフィアデフリンピック日本代表の望月翔太選手と時吉選手、ドイツユース大会に日本代表として出場する児玉ありか選手と久保田選手によるエキシビションを行いました。そして最後には久保田選手、時吉選手によるエキシビションが行われ、ロビング有り、お笑い有り、レッドカード有りと会場を大いに盛り上げてくれました。

試合風景 岡部氏
午前、午後ひたすら試合です。 公認レフェリーの岡部氏も参加してくれました。
ゲストに挑戦 時吉選手
空き時間にゲストに挑戦! 時吉選手 vs 望月選手
久保田選手 エキシビション
久保田選手 vs 児玉選手 プロ選手によるエキシビション


久保田 隆三 選手(シチズン)(平成24年度全日本卓球選手権ベスト16)

<大会に参加して>
 今日は皆さんと試合ができて楽しかったです。アドバイスを一つだけ。皆さんの打ち方を見るとフットワークが足りない。フットワークの練習をすればもっと上達するし、幅が広がると思います。あと、最後のエキシビションの試合は二人ともまじめにやったけど、反則だけはマネしないで(笑)、それ以外の部分を参考にして、普段から考えて練習するとよいと思います。最後に宣伝です。私はシチズンに勤めていますので、もしこれから時計を買うときはぜひシチズンを購入してください。今日はどうもありがとうございました。

  <シチズン卓球部公式サイト>


時吉 佑一 選手(ゼオス)(平成24年度全日本卓球選手権ベスト16)

<大会に参加して>
 皆さんお疲れ様でした。今日皆さんの状況を拝見するとレシーブが気になりました。皆さん聞こえないので不利かもしれないけど、ボールの変化を見て判断できるようになるとレシーブ力が上がると思います。レシーブはタイミングが大事です。早すぎてもダメ。バウンド直後が一番回転が少ないのでそこで打つと良い。または頂点を過ぎるまで待って落ちている球を持ち上げるようにすると、レシーブの失敗が減ると思います。それによって精神面の不安も少なくなると思います。この辺りを注意して毎日練習するとよいと思います。 あとは先ほど久保田さんがおっしゃっていた通り、フットワークが大事。後は宣伝です。私は新宿御苑前で卓球の普及を目的に卓球教室を開いています。ぜひお時間のある時に来てください。今日はどうもありがとうございました。

  <株式会社ゼオス>


主催

一般社団法人日本ろうあ者卓球協会


目的

聴覚障害者に限らず、健常者や他の障害者など一般の方や聾学校にも参加を呼びかけ、なるべく同じレベルのもの同士でたくさん試合ができるようにすることで、ろうあ者の卓球の啓発、普及、親善、強化を図る。


参加資格

(公財)日本卓球協会のゼッケンを持っている方(健聴、ろう問わず)


競技種目

シングルス戦(男女混合)


試合方法

1リーグ5、6名。各部2位まで昇格(それ以外は降格の可能性有り)。
成績(順位)は次回に持ち越し。新規参加者は最下部から。
相互審判。進行は各リーグで実施。

競技規則

  • 現行の日本卓球協会ツール並びに本大会申し合わせ事項による。(11点5セットマッチ)
  • カットマン同士の試合は、相互の了承があれば最初から促進ルールを適用する。

過去の成績


この本サイトの著作権は全て日本ろうあ者卓球協会に帰属します。
本サイトの記事や写真などの無断転載・無断コピーを禁じます。
Copyright (C) 2006-2014 Japan Deaf Table Tennis Association. All rights reserved.