日本ろうあ者卓球協会のタイトル

全国ろうあ者卓球選手権大会

2008年12月13日(土)〜 12月14日(日)に千葉市公園スポーツ施設 体育館(千葉県千葉市)にて第31回全国ろうあ者卓球選手権大会が行われました。
試合結果は、こちらをご参照ください。



第31回全国ろうあ者卓球選手権大会 in千葉 

     日 程: 2008年12月13日(土)〜14日(日)
     場 所: 千葉市公園スポーツ施設 体育館(千葉県千葉市)
     主 管: 第31回全国ろうあ者卓球選手権大会実行委員会
  (社会福祉法人千葉県聴覚障害者協会卓球部)
     後 援: (財)日本卓球協会、千葉県卓球連盟、(財)全日本ろうあ連盟
  (社福)千葉県聴覚障害者協会
     協 力: 千葉市卓球協会
 
   
    男子 1位 梅村正樹 ((社)北海道ろうあ連盟)
  2位 青山修 ((社福)千葉県聴覚障害者協会)
  3位 上田大輔 ((社)京都府聴覚障害者協会)
4位 吉田清繁 ((社)東京都聴覚障害者連盟)
  5位 幾島政幸 ((社)埼玉県聴覚障害者協会)
  6位 鈴木重治 ((社)東京都聴覚障害者連盟)
7位 有馬歓生 (神奈川県聴覚障害者連盟)
8位 松下健 ((社)茨城県聴覚障害者協会)
     
    女子 1位 小浜京子 ((社)大阪聴力障害者協会)
2位 佐藤理穂 ((社)東京都聴覚障害者連盟)
3位 鈴木由樹子 ((社)北海道ろうあ連盟)
  4位 塩野絵美 ((社福)千葉県聴覚障害者協会)
5位 稲葉千寿子 ((社)愛知県聴覚障害者協会)
6位 鈴木真由美 ((社福)千葉県聴覚障害者協会)
  7位 大久保舞 ((社)東京都聴覚障害者連盟)
8位 牧山洋子 (群馬県聴覚障害者団体連合会)
   
※当大会は平成20年度・独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業です



主催

日本ろうあ者卓球協会です。


目的

聴覚障害をもつ社会人が卓球を通じて障害を克服し、強い意思と積極的な人生観を養うことを目的とする。


参加資格

前回の 全国ろうあ者体育大会卓球競技において、一般の部の個人戦男女ともベスト16までの選手および日本ろうあ者卓球協会からの推薦者。
日本ろうあ者卓球協会の正会員・夫婦会員・学生会員であること。

選ばれた選手は日本ろうあ者卓球協会より通知されます。


競技種目

男女別シングルス戦


試合方法

リーグ戦とする。
まず、 全国ろうあ者体育大会卓球競技の一般個人戦の成績及び当会推薦選手から、 スネーク方式で2リーグに分け、各々総当りリーグ戦を実施する。
そのうえで、各リーグ成績の上位、下位を集めた総当りリーグ戦を実施することにより、全国 ろうあ者卓球選手権大会の順位を定めることとする。

競技規則

  • 現行の日本卓球協会ツール並びに本大会申し合わせ事項による。(11点5セットマッチ)
  • カットマン同士の試合は、相互の了承があれば最初から促進ルールを適用する。
  • 補聴器着用は認めないものとする。

この本サイトの著作権は全て日本ろうあ者卓球協会に帰属します。
本サイトの記事や写真などの無断転載・無断コピーを禁じます。
Copyright (C) 2006-2009 Japan Deaf Table Tennis Association. All rights reserved.