日本ろうあ者卓球協会のタイトル

世界ろう者卓球選手権大会

金3銀1!!多くの応援をどうもありがとうございました!!

2012世界ろう者卓球選手権大会公式ホームページができました

  ・2012世界ろう者卓球選手権大会公式ホームページ


2012世界ろう者卓球選手権大会日本代表チームについて

第2回世界ろう者卓球選手権大会日本代表団

今年4月29日から5月6日までの8日間、国際ろう者スポーツ委員会の主催により2012世界ろう者卓球選手権大会が、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターにて開催されます。

卓球ニッポン復活を目指して、今までにない最強スタッフ体制で臨みます。
2009年9月の台北デフリンピックで銀メダルを獲得した上田萌選手を軸とする女子チーム、元世界王者梅村正樹選手を軸とする男子チ−ムは、男女とも金メダル獲得をめざして頑張りますので応援をよろしくお願い致します。 国内での厳しい選考大会を勝ち抜いて代表に選ばれた8名の選手そしてスタッフ8名を下記の通り紹介します。

佐藤真二監督よりコメント
「金メダル2個を目標に選手・スタッフ力と力を合わせて全力で頑張ってきますので皆さん応援よろしくお願いします。」


日本代表チームの紹介

 監督  コーチ兼
 アドバイザー
 コーチ
佐藤 真二 西村 卓二 内山 敏彦 青山  修
協和発酵キリン(株)
卓球部監督
(東京都)
東京富士大学
卓球部監督
(東京都)
日立化成工業(株)
卓球部監督
(茨城県)
日本ろうあ者
卓球協会理事
(千葉県)
 

 コーチ  総務  手話通訳
須藤 聡美 伊藤 真紀 豊島 絵美子 井出 敬子
日本ろうあ者卓球
協会強化本部付
(茨城県)
日本ろうあ者
卓球協会理事
(秋田県)
(東京都) (神奈川県)
 
 男子選手
 
【戦型】右シェーク、ドライブ型
【自分の強み】最後まであきらめない
【一言】1戦1戦全力で戦いたい
【戦歴】
1997 コペンハーゲン世界ろう者競技大会 団体優勝、男子ダブルス優勝
2001 ローマデフリンピック 団体優勝、男子ダブルス優勝、混合ダブルス優勝、シングルス優勝(4冠王)
梅村 正樹
(北海道)
 
【戦型】右シェーク、ドライブ型
【自分の強み】バランスの良いプレー
【一言】応援頂いている皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに頑張りたい。
【戦歴】
2008 台北デフリンピックプレ大会 男子ダブルス3位、シングルス4位
2009 台北デフリンピック 団体4位
望月 翔太
(神奈川県)
 
【戦型】右シェーク、ドライブ主戦型
【自分の強み】回転量の多いドライブ、カウンタードライブ、ラリーが得意
【一言】最大の勇気をふりしぼって最高の感動を皆さんへさしあげたい
【戦歴】
2011 全国ろうあ者体育大会 団体優勝、シングルス優勝
有馬 歓生
(神奈川県)
 
【戦型】右シェーク、ドライブ主戦型
【自分の強み】サービスで相手を撹乱させること、ドライブの回転が多い
【一言】全力で試合に挑みます
【戦歴】
2011 全国ろうあ者体育大会 シングルス3位
西本 怜王
(広島県)
 
 女子選手
 
【戦型】左ペン、ドライブ型
【自分の強み】サーブ力
【一言】周りの方々の応援をプラスにして自分の力を全て発揮できるよう頑張りたいです
【戦歴】
2008 ソフィア世界ろう者卓球選手権大会 団体準優勝、女子ダブルス3位、シングルス3位
2008 台北デフリンピックプレ大会 団体優勝、ダブルス優勝、シングルス優勝(3冠王)
2009 台北デフリンピック 団体準優勝、シングルス準優勝
上田 萌
(東京都)
 
【戦型】右シェイク、ドライブ主戦型
【自分の強み】ラリー戦に持ち込み、粘り強く戦う所
【一言】日本代表として自覚を持ち、1つでも多く金メダルを獲得し、応援してくださってる方々に感動を与えたいと思います。応援よろしくお願いします
【戦歴】
2009 台北デフリンピック 団体準優勝、シングルス3位
2009 全国ろうあ者卓球選手権大会 シングルス準優勝
2010 全国ろうあ者卓球選手権大会 シングルス優勝
2011 全日本大学総合卓球選手権大会ダブルス出場
佐藤 理穂
(東京都)
 
【戦型】右シェイク、カット守備型
【自分の強み】アンチラバーで相手を惑わせる事
【一言】最大のベストを尽くし、前回を上回る成績を残したいです
【戦歴】
1998 アジア太平洋ろう者競技大会 団体優勝、シングルス優勝、女子ダブルス準優勝
2005 メルボルンデフリンピック 団体3位
2008 ソフィア世界ろう者卓球選手権大会 団体準優勝、シングルスベスト4
有馬 千寿子
(神奈川県)
 
【戦型】右シェイク、オールラウンド攻撃型
【自分の強み】相手から攻めてきたら、ブロックしてラリーする自信があります。
【一言】初めての世界大会なので、良い試合をして皆さんの期待に応えたいです。
【戦歴】
2011 全国ろうあ者体育大会 団体3位、シングルス3位
高岡 里吏
(千葉県)
 

《速報!》 2012世界ろう者卓球選手権大会日本開催決定!

現在、(財)全日本ろうあ連盟と当会にて、第2回世界ろう者卓球選手権大会に向けて準備を進めています。 開催立候補にあたって多くの方のご協力をどうもありがとうございました。 今後、さらに多くの方にご協力を頂くことになるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。


2012世界ろう者卓球選手権大会

【大会名称】 2012世界ろう者卓球選手権大会
(2012 World Deaf Table Tennis Championships)
【大会期日】 2012年4月27日(金)〜5月6日(日)(10日間)
(準備、TD会議、開会式、閉会式を含む)
【開催場所】 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)
【大会主催】 国際ろう者スポーツ委員会(ICSD)
【大会主管】 財団法人全日本ろうあ連盟・日本ろうあ者卓球協会
・社団法人東京都聴覚障害者連盟
【開催目的】 国際競技大会の開催により、デフリンピック及び国内外のろう者スポーツへの国民の理解を深め、国内のろう者スポーツの競技人口を拡大するとともに、そのスポーツ環境の整備の促進を図る。また、この大会を通して、国民へのろう者に対する理解を促進する。
【特別共催(予定)】 東京都
【後援(予定)】 国際卓球連盟、厚生労働省、文部科学省、外務省、公益財団法人日本体育協会、公益財団法人日本障害者スポーツ協会・日本パラリンピック委員会、財団法人日本卓球協会、公益社団法人東京都障害者スポーツ協会、全国聾学校校長会、全国聾学校体育連盟
【協  力】 東京都卓球連盟
【公式用具
スポンサー】
(株)タマス
【大会スポンサー】 国際卓球(株)(株)スヴェンソン
【大会規模】 参加国及び地域:30の国および地域、選手:166名、役員:92名、計:258名

オーストラリア、オーストリア、ブラジル、中華人民共和国、チャイニーズタイペイ、クロアチア、チェコ、デンマーク、フィジー、ドイツ、イングランド、ハンガリー、インド、イラン、日本、カザフスタン、大韓民国、キルギス、リトアニア、マリ、モンゴル、オランダ、ナイジェリア、ポーランド、ロシア、セルビア、南アフリカ、スウェーデン、トルコ、ウクライナ
【競技種目】

(1つの国から
の参加数)
団体戦:
  男子団体(1チーム)、女子団体戦(1チーム)

個人戦:
  男子シングルス(4人)、女子シングルス(4人)、
  男子ダブルス(2組)、女子ダブルス(2組)、混合ダブルス(4組)


招致経緯

 今までデフリンピックなどの国際大会において卓球は毎回のように金メダルを量産してきましたが、近年は他国も国家レベルでろう者スポーツの強化に力を入れ始めたこともあり、2005年のメルボルンでのデフリンピックでは金メダルなし(銀メダル2つ)に終わりました。そのため、日本も当会を中心として、(財)日本卓球協会そしてアテネ五輪卓球女子監督の西村卓二氏と元全日本ナショナルチームコーチの佐藤真二氏の協力を頂いて、根本的な強化委員会の見直しを行ってきました。その甲斐もあり、2009年の台北でのデフリンピックにおいては、女子団体および個人で金メダルまであと一歩のところまで行き、メディアからも注目を浴びるとともに日本の多くの卓球関係者に感動を与えることができました。この良い流れに乗りつつ、さらなる飛躍を目指し、第2回世界ろう者卓球選手権大会を日本で行い、世界のレベルを肌で感じてもらうことで将来の担う人材の育成につなげていきたく思っています。また国際ろう者スポーツ委員会としても、日本で開催することは史上初であり、今大会のような実績を積み重ねることで、将来のデフリンピックの日本開催につなげることに寄与できたらと願っています。


これまでの流れ

2010年 1月 日本ろうあ者卓球協会内で、世界ろう者卓球選手権大会日本開催立候補に向けた準備委員会発足。
(財)全日本ろうあ連盟スポーツ委員会と打ち合わせ。
2010年 3月 開催地として(社)東京都聴覚障害者連盟へ協力を打診し承諾を得る。
2010年 4月 日本ろうあ者卓球協会臨時総会にて、世界ろう者卓球選手権大会日本開催立候補案について賛成多数で承認を得る。
2010年 6月 (財)全日本ろうあ連盟評議員会全体会にて、世界ろう者卓球選手権大会日本開催立候補について満票にて承認を得る。
2010年 7月 東京都(行政)より開催承諾書を受け、(財)全日本ろうあ連盟スポーツ委員会を通じて、国際ろう者スポーツ委員会(ICSD)に正式に開催立候補文書を提出する。(台湾も同時に立候補表明。)
2010年10月 ICSDによる日本視察。厚生労働省、(財)日本卓球協会、(財)日本障害者スポーツ協会へ挨拶。
2010年11月 ICSDにて大会開催国が日本に決定したと連絡がある。
2011年1月 (財)全日本ろうあ連盟、日本ろうあ者卓球協会、東京都聴覚障害者連盟において、2012世界ろう者卓球選手権大会準備委員会、組織委員会立ち上げ
2011年 3月 ICSD加盟国に予備エントリー用紙配布(6月24日締切)
2011年 5月 (財)日本障害者スポーツ協会と打ち合わせ、 第2回組織委員会
2011年 6月 (財)日本卓球協会、東京都卓球連盟と打ち合わせ)
2011年 7月 東京都、日本卓球公認工業会と打ち合わせ
2011年 8月 ICSDの卓球TDによる視察、第1回実行委員会
2011年 9月 ローマでのICSD評議委員会で日本開催に関してプレゼン
2011年11月 ICSD事務総長来日。厚生労働省、文部科学省、東京都、日本オリンピック委員会、 (財)日本卓球協会、(財)日本障害者スポーツ協会・日本パラリンピック委員会へ表敬訪問。公式用具協賛メーカーの(株)タマスとの調印式実施。第3回組織委員会
2012年1月 予備リハーサル実施
2012年4月 第4回組織委員会、本番リハーサル
2012年 4月27日〜5月6日 2012世界ろう者卓球選手権大会in東京

過去の記録


この本サイトの著作権は全て日本ろうあ者卓球協会に帰属します。
本サイトの記事や写真などの無断転載・無断コピーを禁じます。
Copyright (C) 2006-2011 Japan Deaf Table Tennis Association. All rights reserved.